携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


デヴィ夫人が若い頃の画像!入れ歯?東洋の真珠とは?


デヴィ夫人

 

数多くのバラエティ番組で活躍しているデヴィ夫人。

インドネシア元大統領夫人としても有名ですね。

若いころの写真がかわいいと、話題になっています。

 

▼デヴィ夫人が若いころ

デヴィ夫人 若い頃 画像 入れ歯

 

めちゃくちゃかわいいですね。というより、綺麗ですね。

デヴィさんと結婚したスカルノ大統領は、パーティーで知り合いました。

スカルノ大統領がデヴィさんに一目ぼれしたというのは、有名な話です。

 

 

当時のデヴィさんの写真を見ればわかるのですが、

日本人離れした美しさがあります。あまりにも美しいので、

ハーフなんて噂もありましたが、実はハーフではありません。

父親も母親も、日本人です。

 

 

そんなデヴィさん、入れ歯ではないかという話もあります。

年齢を考えると、歯が弱くなったり、

虫歯になったりすることもあるので、あり得ない話ではありません。

 

 

デヴィさんの入れ歯説について、調べてみました。

その結果、衝撃の事実がわかりました。

実はデヴィさんは総入れ歯なのです。

まぁ、これは衝撃でもなくて、そういう人も多いので、

デヴィさんもその一人なのだろうというだけの話です。

 

 

衝撃なのは、この次です。

何とデヴィさん、16歳のときに総入れ歯になったそうです。

それも、歯の病気などではなく、大人の事情で全ての歯を抜いたのだとか。

考えるだけでも恐ろしいですね。

大人の事情というものが気になります……

 

 


スポンサードリンク


 

 

東洋の真珠とは?

 

 

色んなテレビ番組に出ているデヴィ夫人ですが、

若いころの写真がとても美人ということで話題になっています。

 

 

デヴィさんは貧しい家庭で育ちました。

家計を助けるために高校を途中でやめ、

赤坂の高級クラブで働くという、大変な過去を持っています。

そして19歳のときに、インドネシアのスカルノ大統領が一目ぼれしました。

 

 

実はデヴィさんは、若いころには「東洋の真珠」と呼ばれていました。

そう呼ばれるほどの美貌の持ち主だったのです。

日本人離れした美しさを持つデヴィさん、

海外の大統領が一目ぼれするのもムリはありません。

 

デヴィ夫人 東洋の真珠

 

デヴィさんは、インドネシアの貿易や開発援助のため、

「東日貿易の秘書」という名目で、日本政府から

スカルノ大統領の愛人として送り込まれたのです。

 

 

でも、もともと勤勉な性格のデヴィさん、

海外でも人一倍努力していました。

その姿に感動したスカルノ大統領が、

デヴィさんを正式に第三夫人として迎え入れたのです。

 

 

子供も無事に産まれました。名前はカリナさんで、女の子です。

カリナさんは立派に成長し、アメリカ大手金融機関シティバンクの、

欧州・中近東・アフリカ地区のCEOと結婚しています。

デヴィさんほどの人が日本人にいるなんて、誇りにも感じられます。

 


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ