携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


林真理子は甲府でAKBと関係がある?デザイナーの夫?


林真理子 甲府 AKB

 

作家の林真理子さんの出身地と言えば、山梨県山梨市。

山梨県出身の有名人と言えば、いち早く名前が

あがるのが林真理子さんではないでしょうか。

 

 

市民講座「エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議オープンカレッジイン甲府」

が山梨県甲府市の山梨学院大などで開催されるのですが、

林真理子さんも講師として呼ばれているようです。

 

 

ところで、山梨県というと、ちょっと変わったものが

あることでも有名です。それが何かと言うと、

「ハッピードリンクショップ」というチェーン店なんですが、

チェーン店といっても、普通のお店とはかなり違うんです。

 

 

ハッピードリンクショップは、山梨県には相当多いのですが、

自動販売機が何台か並んでいるだけなんですね。

 

 

で、その「ハッピードリンクショップ」においてある

ドリンクなんですが、何と、ワンダ特性AKBデザイン缶

が置いてあるんです!さすがは山梨県。

 

 

AKBと言えば、作家の林真理子さんと指原莉乃さんの、

まさかの対談!?「野心ありまくり」という指原莉乃さんと、

「野心のすすめ」の著者、林真理子さん、

どうやら、お二人には、通じるものがありそうです。

 

 

ところで、林真理子さんの「野心のすすめ」は、

43万部という驚異的な売れ行きのようですね。

女性にとっても、野心が重要な世の中になってきている

証拠と言えるのではないでしょうか。

 

 


スポンサードリンク


 

 

 

デザイナー?夫はいるの?

 

 

作家の林真理子さん。小説家としてもエッセイストとしても有名ですね。

林真理子さんのエッセイは、とてもわかりやすく共感を覚える人も

多いようですが、また一部では反感を持たれてしまうこともあるようです。

 

 

その原因は、恐らく、林真理子さんの意見の

そのストレートさにあるのではないでしょうか。

林真理子さんは、もともと、コピーライターとして活動していて、

コピーライターとしても新人賞を受賞されています。

 

 

ところが、その後、1982年に出版されて

「ルンルンを買っておうちに帰ろう」が、

いきなりベストセラーになり、一気に作家として有名になってしまいました。

 

 

その後も、直木賞を受賞し、直木賞作家としても知られています。

林真理子さんは、もともと、子供の頃からの環境で、

大変よく本を読まれていたようです。

 

 

ところで、彼女のデビュー時期と重なり、林真理子さんには、

バブル期の印象が強いと感じられる方も多いのではないでしょうか。

 

 

バブル期に登場されたことで、林真理子さんの作品や生き方に、

とても共感を受けた方が多かったのではないかと思います。

そんな林真理子さんの作品の中で、

バブル時代をテーマにした作品があります。

 

「ロストワールド」です。

「ロストワールド」というと、同名のハリウッド映画も思い浮かべる方も

いらっしゃるかもしれませんが、林真理子さんの「ロストワールド」は、

バブル時代がテーマ

 

 

建築デザイナーで主人公の夫の親友である男性との再会、

テレビ業界の裏側やおとなの恋愛をテーマにした長編小説です。

ところで、実際の林真理子さんと旦那さんはお見合い結婚なんだそうですね。

 

 

旦那様は一ツ橋大学出身で、林真理子さんが

作家であることはご存知なかったそうです。

また、不妊治療の末、林真理子さんは、

無事に出産もされていますから、お子さんもいらっしゃいます。

 

 

ところで作家の林真理子さんの他にも、

同性同名の林真理子さんがいらっしゃいますよね。

デザイナーの林真理子さんです。

 

 

現在、大変、人気のあるデザイナーさんで、

ご存知の方も多いのではないかと思います。

林真理子さんというのは、成功する名前なのかと思いきや、

作家の林真理子さんの本名は、東郷眞理子さんと言うのですね。

 

 


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ