携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


石川さゆりの子供は?天城越えの意味は?


石川さゆり

 

石川さゆりさんと言えば、今でも忘れられないのが、

あの名曲「津軽海峡・冬景色」ですね。

今でも、カラオケでは、よく歌われる歌のようです。

 

 

ただ実際に歌ってみるとわかると思うのですが、

素人が歌うと、とても難しい曲なんですよね。

 

 

ところで、石川さゆりさんは歌手として、あれだけ多忙なのですから、

家事や子育てと向かい合う時間などないのではないかと

思っていたのですが、実は母としても多忙だったようです。

 

 

現在、娘さんはすでに20代ということですから、

今はご自分のお時間もあることと思いますが、

 

ご本人曰く、

「子供が小さかった頃は、全国ツアーも全部日帰りだった」

そうです。

 

 

しかも、学校行事にも参加されたということです。

それは、さぞかし大変なことだったのではないでしょうか。

仕事と子育ての両立で苦しむ親は特に珍しいことではなく、

多くの人がそのような壁にぶつかることとは思います。

 

 

ただ、石川さゆりさんの場合も、その苦労は

並大抵なものではなかったのではないでしょうか。

1年間の子供の学校の行事予定表が配られると、

それを元にしてご自分のスケジュールを組まれたそうです。

 

 

石川さゆりさんのような方でも、そのような努力をされていたというですから、

多くの母親達にとっては、なかなか共感が湧く話かもしれません。

一生懸命頑張っている母達には、大変力づけられる話でもありますよね。

 

 


スポンサードリンク


 

 

天城越えの意味は?

 

天城越え

 

石川さゆりさんの代表作「津軽海峡冬景色」の方は

カラオケで歌っていても、だいたい意味が理解できると思います。

 

 

ただ、実際に歌うのは難しいですけどね。

一方、別の代表作「天城越え」なんですが、

この歌の意味に関しては、色々な説があるようです。

 

 

実際、これは間違いなく不倫の歌であるという人と、

旦那を連れ戻しにいく不倫されている妻であるという説があるようです。

 

 

いったい、どちらなのか?

ネットでも議論されることが多いようです。

「隠れ宿」という言葉が歌詞に入っているため、妻ではなく不倫の相手、

すなわち愛人であるという説を取る人が多いようではありますが。

 

 

果たして実際は、どちらなのでしょうか。

いずれにしろ、曲中の男性の方は、相手の女性と別れたがっているため、

女性の方は、別れるくらいなら相手をやっつけたいと思っているのですね。

 

 

それにしても、大変素晴らしい歌ではありますが、歌詞の中から

一つ一つの言葉を取り出して解釈してみると、かなり怖い歌のようです。

 

 

この歌の作詞家は、吉岡治さん。

吉岡治さんは、「天城越え」の他にも、美空ひばりさんの

「真赤な太陽」など、たくさんの歌の歌詞を手がけられた有名な方です。

 

 

それにしても歌詞の意味を考えてしまうと、カラオケで歌うときに恋人の前や…

ましてや不倫相手の前で歌うのは避けた方が良いのかもしれませんね。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ