携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


pm2.5の症状は?発がん性は?北京でのpm2.5濃度は?


pm2.5 症状

 

PM2.5が最近話題になっています。

中国の大気汚染のスピードがかなり早くなっていて、

ニュースなどを見ても、空気が汚れているというのが

目で確認することができます。

PM2.5の症状発がん性濃度について調べてみました。

 

 

pm2.5の症状は?

 

 

なぜこれが話題になっているのか。

日本にもやってくるからです。

黄砂の時期にPM2.5がやってきます。

これが体にどのような症状が起こるのかが心配ですね。

 

 

PM2.5は目に見えない粒子で、空気中に含まれています。

呼吸をすることで体に取り込まれます。

ということは、呼吸器に関する症状がでそうですね。実際にそうです。

 

 

咳や痰が増えたり、喉が痛くなったり鼻水が出たりします。

酷い人は気管支炎や喘息になる人もいますね。

これが原因で死に至ることもあります。

 

 

発がん性物質も含んでいるので、どんなに健康に

気をつけている人でも、これのせいで癌になってしまうこともあります。

問題は呼吸器だけではありません。

 

 

PM2.5は非常に小さい粒子なので、

血液にも取り込まれてしまうことがあります。

この場合は循環系に問題が起こりますね。

脳梗塞など、命にかかわる症状が出ることもあります。

 

 

肥満の人は、2型糖尿病になる可能性が一気に高くなります。

黄砂の時期に少しでも体調不良を感じたら、

すぐに病院に行って診てもらいましょう。

 

 

発がん性は?

 

 

黄砂 pm2.5 発がん性

 

最近話題になっているのが、PM2.5と黄砂の問題ですね。

これらで発がん性物質ができてしまうのです。

それが日本にやってくるわけですから、普通に呼吸しているだけで

癌になってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

黄砂は昔から悩まされている種ですね。

毎年の出来事で、洗濯物を干せなくなったり、

肺などが弱い人には特に苦しい季節です。

 

 

その黄砂、実はPM2.5なんです。

正確には、PM2.5に入る部分もあると言った方がいいでしょう。

これが原因で呼吸がうまくできなくなったり、咳が出やすくなってしまうのです。

 

 

黄砂+PM2.5で発がん性物質が出来上がることも分かっています。

せめて黄砂だけ、またはPM2.5だけというのなら

まだましかもしれませんが、そうなってくれないのが現実です、

黄砂を避けられればいいのですが、それはムリな話です。

マスクをつけたり、できるだけ外に出ないようにするなど、

自分でどうにかするしかないようですね。

 


スポンサードリンク


 

 

pm2.5の濃度とは?

 

 

中国の大気汚染が日本でも話題になっていますね。

特に中国の首都、北京が取り上げられることが多いです。

 

 

ニュースで見る映像は、空気が白、

というか灰色に染まってしまっています。

視界なんてほとんどありません。

外を歩いている人で、マスクをしていない人がいないぐらいです。

 

北京 pm2.5 濃度

 

この汚染が原因で、PM2.5という物質の空気中の

濃度が最悪なことになってしまいました。

PM2.5の濃度のレベルは6段階で測定されます。

もちろん、異常のないレベルから、

人体に害のある警告レベルまでです。

その中で最悪なレベルに到達してしまったのです。

 

 

中国に住んでいる人は、この霧にもう慣れたと

話すぐらいで、気にする人はもう少ないようです。

この状態が異常なことに気がついてほしいものですが。

 

 

こんな状態になった原因の一つに、

暖房に使われる石炭が挙げられています。

車の排気ガスや工場からの煙等も言われています。

 

 

そんなPM2.5、黄砂の時期になると一緒に日本にやってくるそうです。

途中で濃度が少しはましになる可能性はありますが、

まぁ申し訳程度でしょうね。高濃度なまま日本に到達するでしょう。

 

 

もうすでに九州の北部に到達しているという話もあります。

PM2.5による症状は甘くみてはいけないものなので、

マスクをしたり、外出を控えるなどの工夫をしましょう。

 

 


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ