携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


安堂ロイドの主題歌は竹内まりや!山下達郎との子供は?実家?


安堂ロイド

 

安堂ロイドがついに始まりましたね。

この主題歌は、竹内まりやさんが歌っています。

山下達郎さんの曲「YOUR EYEYS」

カバーしたものが今回の主題歌です。

 

 

この曲はもともと山下さんが竹内さんのために書いた曲です。

しかしそれが採用されることはなく、

結局自分で歌うことになってしまいました。

 

▼竹内まりやさん

竹内まりや 山下達郎

 

そんな曲が、今回初めて本命の竹内さんによって歌われるのですね。

かなり素敵な話ですね。

竹内さんのために書かれた曲が、

竹内さんによって歌となって存在する日が来るなんて。

これが実現するのに、30年かかりました。

 

 

素晴らしい曲なので、リリースについても

気になるところですが、今のところまだ情報はありません。

こまめに調べておきたいものですね。

竹内さんは今回この曲を歌うことについて、喜んでいます。

木村拓哉さんが主演のドラマの主題歌を

歌えることを光栄に思っているそうです。

 

 

▼山下達郎さん

山下達郎

 

ドラマの主題歌には既存の曲を使用するという話があり、

竹内さん自身がこの曲を選びました。

ドラマは時空を超えた愛がテーマです。

愛を込めた山下さんの曲が、30年の時を経て

竹内さんが歌うなんて、まさにテーマソングにぴったりですね。

 

 

優しくて温かい曲なので、曲単体でも楽しめます。

まだドラマをみていない人は、見ることをお勧めします。

 

 


スポンサードリンク


 

 

竹内まりやと山下達郎との子供は?

 

 

山下達郎 竹内まりや 子供

 

竹内まりやさんと山下達郎さんが結婚してから、もうかなり経ちますね。

夫婦になってからある程度時間が経つと気になるのが、子供ですね。

子供がいるのかどうか、ということは

あまりしられていないようですが、二人の間に子供はいます。

 

 

1984年に娘さんが生まれています。

お父さんとお母さんの曲で一番好きな曲は、「純愛ラプソディ」だとか。

親が音楽に関わる仕事をしていて、それを好きだという娘さん。

とても素敵な家庭です。

 

 

竹内まりやさんは結婚してからメディアに出ることがほとんどなくなりました。

仕事よりも、家を守りたかったんですね。

 

 

竹内さんは山下さんを支えながら子育てを頑張りました。

山下さんも、愛する妻と子供を思いながら仕事を頑張ってきました。

理想の家族です。

 

 

娘さんはどんな人なのかというと、この情報は一切ありません。

芸能人の両親を持っていると、

芸能界デビューしそうな気もしますが

娘さんはその道を選ばなかったようです、

たぶん、一般人として暮らしているのでしょう。

 

 

二人の子供ですから、きっと素敵な女性なのだとは思いますが

プライベートがあるのであまり詮索するのはよくありませんね。

 

 

竹内さんと山下さんがこれからも幸せな夫婦で、

娘さんも幸せな生活を送ってくれているといいですね。

 

 

竹内まりやの実家は?

 

 

竹内まりやさんは優しくて綺麗な曲を歌う歌手として有名ですね。

有名人の実家というのは、とても気になるものですが

竹内さんもその例外ではありません。

 

 

竹内さんの実家は、出雲大社正門前の温泉旅館「竹野屋」というところです。

実家で旅館を営んでいるのです。

 

▼ 竹野屋

竹内まりやの実家

 

純粋に旅行を楽しむためにここを利用する人も多いのですが

竹内さんの実家ということで、ファンの人が泊まりに来ることも多々あります。

 

 

ちなみに父親は大社町町長です。

大社町は現出雲市ですが、町長を務めるなんてすごいですね。

竹内さんの名前を付けたのは、竹内さんのお父様です。

まりやという名前は、「世界で通用するような人になってほしい」

という願いを込めたそうです。

 

 

今では普通の名前ですが、この名前を付けた当時は

珍しい名前だったのではないでしょうか。

それでも、親の願いがこもった名前というのは、とても素敵ですよね。

 

 

竹野屋は今も人気の旅館で、創業130年の歴史ある老舗です。

竹野屋は、竹内さんの人気だけに頼った経営なんてしていません。

竹内さんの実家と知らない人も満足できるように、日々努力しています。

綺麗な温泉、綺麗な部屋、料理やサービス、

細かいところまで気を配っていて、なんとなく行く旅行でもお勧めの旅館です。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ