携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


竹内結子の子供は青学?病気?中村獅童との子供の親権は?


竹内結子 子供 青学

 

竹内結子さんは色んな番組で活躍している女優さんですが、

芸能人である前に一人の女性ですので、

もちろんプライベートというものもありますね。

子供は青学に通っている?病気なのか?

親権はどちらが持っている?について調べてみました。

 

 

竹内結子 身長・体重・カップ

 

本名    :竹内 結子 (たけうち ゆうこ)

出身地   :埼玉県浦和市(現在のさいたま市)

身長・体重 :164cm・43kg

誕生日   :1980年4月1日

血液型   :A型

スリーサイズ:B80・W60・H82

高校    :埼玉県立新座北高校

 

 

竹内結子さんは、中村獅童さんと2005年に電撃結婚して、

同年に子供をもうけました。

そして、2008年に離婚。

離婚してしまったので、今は一人で子供を育てています。

 

その子供の名前は太郎くんではないかと言われていますが、

言われているだけで実際のところわからないんですよね……

 

そんな竹内さんの息子さんは、青山学院大学付属の小学校に

通っている可能性があるという話が出てきました。

芸能人の子供がたくさん通っていることでも有名な、名門校ですね。

 

これについては目撃情報もあります。

子供ではなくて竹内結子さん自身の目撃情報です。

なんと、竹内さんが入学説明会に参加していたということです。

 

これが本当の話だとしても、竹内さんの気持ちは想像できます。

芸能人の子供というのは、黙っていても、

誰がどこから情報を仕入れたのか、すぐに知れ渡っていまいますからね。

 

普通の学校に通わせると、いじめにあったり、

好奇の目にさらされたりするのが想像できます。

そういうのから守るためには、同じような立場の

子供がたくさんいた方がいいですよね。

 

竹内さんの、子供の学校選びにも、

母親の愛が感じられますね。

 

 


スポンサードリンク


 

 

 

竹内結子の子供は病気?

 

 

竹内結子 子供 病気

 

最近、「竹内結子 子供 病気」

と検索されることが増えてきているそうです。

 

そんなことを聞いてしまうと、子供は大丈夫かな?

病気だったら早く治ってほしいな、と心配になってしまいます。

 

でも調べてみて安心しました。

竹内さんの息子さんには、

どこか体に障害があるという情報はありません。

持病もあるというようなこともありません。

もっと言うと、この噂で世間が盛り上がっているときに、

竹内さんは仕事で忙しくしていただけではなく、

息子さんとディズニーランドに出かけたりもしていました。

お子さんは病気ではなかったんですね。

 

この噂が出てきたのは、竹内さんが出演した

映画「いま、会いにゆきます」が原因と言われています。

 


その中で竹内さんは病気で亡くなってしまう女性を演じました。

それがどういうわけか、「病気+竹内さん」ではなくて、

「病気+竹内さんの息子」になってしまったんですね。

 

もちろん竹内さん自身が病気という話もないです。

これからも竹内さんには女優業を頑張ってもらって、

息子さんにはスクスクと育ってほしいですね。

 

 

親権はどっち??

 

 

竹内さんは、ファンなら誰もがしっている通り、バツ1です。

 

歌舞伎役者の中村獅童さんと結婚していました。

二人の間には子供がいて、離婚するときには親権でもめたそうです。

 

▼中村獅童さん

中村獅童 子供

 

子供の名前は太郎くんとのこと。

中村さんが、自分の子供に後を継がせたいから

普通の名前にしたい……なんて考えたという話もあります。

 

離婚の話が出てきた頃、太郎くんは

まだまだお母さんとは離れられない時期。

 

父親の中村さんは、自分の後継ぎは自分の手で育てたい。

父親も母親も引き取りたいというのなら、

裁判所で争うことになりますよね。

 

結果はみなさんご存知の通りです。

竹内さんが太郎君を引き取ることになりました。

今も母子で頑張って生活しています。

 

このような結果になったのは、中村さんに原因があります。

なんと中村さんは結婚してからの生活態度が

あまりよろしくなかったようですね。

 

子育ては夫婦でするものですが、

中村さんは子育てに参加しなかったそうです。

さらに不倫の事実まで出てきました。

 

稼ぎがあっても、太郎君を立派に育てられる根拠がなかったのですね。

ということで、真剣は竹内さんに、ということになりました。

この離婚調停、なんと1年半もかかりました。


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ