携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


永作博美の旦那は?逮捕?井上真央との共演映画は?珠洲?


永作博美 旦那 カップ

 

永作博美さんは芸人さんが好きな女優でも有名です。

歳をとっても、ずっと顔が同じですよね。童顔ってスゴイですね。

そんな、永作さんの旦那や年齢、井上真央さんと

共演する映画、『珠洲』について調べました。

 

 

永作博美 年齢・カップ・身長・出身地

 

名前    :永作 博美 (ながさく ひろみ)

出身地   :茨城県行方郡麻生町(現・行方市)

身長・体重 :156cm・非公開

誕生日   :1970年10月14日

血液型   :B型

高校    :茨城県立麻生高等学校卒業

 

 

 

永作さんの実家はいちご園だそうです。

彼女は「オールナイトフジ」美感少女コンテストで

見事ベストパフォーマー賞を獲得し、

翌年1989年にアイドルとしてデビューしました。

 

「ribbon」で活動し、今では女優とまで成長を遂げております。

今回、検索候補キーワードとして上がった「旦那」についてですが、

彼女は結婚をしております。

 

結婚相手は映像作家の内藤まろさん。

内藤まろ 永作博美

 

幾度か流産を経験し、年齢も年齢ですから仕方ありません。

そんなとき不妊治療で有名なクリニックで、

彼女を目撃したという噂が広まりました。

そこから不妊治療の噂が広まったと思われます。

 

最後にもっとも気になる候補キーワード「逮捕」ですが、

実際、永作さんは逮捕などされていません。

 

名前の酷似した女性が逮捕されたようで、

そこから生じた誤解の噂だそうです。

 

彼女が不妊治療をしてから「劣化」したなどと不謹慎な言葉を

出す輩がいるそうですが、精神的な問題から、

ただ「痩せた」だけではないでしょうか。

それに、人間において永遠の美は存在せぬ気がします。

 

 

永作博美が出演する映画は?珠洲って?

 

永作博美 映画 珠洲

 

2014年冬公開予定――映画『さいはてにて―かけがえのない場所―』、

苦しみが渦巻く社会と酸鼻な世間を舞台としており

その酷烈なる世の中で人と人とが交わる

喜悦と美を描いた作品だそうです。

 

主演は日本アカデミー賞を受賞したことのある永作博美さん、

それから佐々木希さんです。

 

永作さんは、第二子を出産してから、初の映画になります。

撮影は世界農業遺産に登録されました

能登半島の珠洲市が選ばれました。

珠洲とは地名の事ですね。

 

能登の綺麗な景観と女性の心理が入り混じるヒューマンドラマです。

あらすじは、主人公(永作博美)である吉田岬は

都会でカフェを開いている女主で、あることから故郷の能登に帰郷し、

そこでカフェを開店しました。

 

そのカフェで出会うこととなった山崎(佐々木希)、

2人の女性が出会うことで互いにケミストリーが生じます。

 

名匠ホウ・シャオシェン監督の弟子、チアン・シウチュン監督は

今、世界的に注目の映画監督です。

今作は日本と台湾を視野にいれた

名作映画の誕生ということでしょう。

 

映画の「独りで頑張らなくてもいいんだ―」というセリフは、

これから日本や中国、アジア、ヨーロッパ、

人々が手を取り合って生きていかなければいけない

そんなイメージを沸かせます。

 

 


スポンサードリンク


 

永作博美と井上真央が共演した映画は?

 

 

井上真央 永作博美 映画

 

第二子御出産後、初の映画出演をする永作博美さん、

映画『さいはてにて―かけがえのない場所―』。

 

永作さんと言えば、ドラマ『週末婚』や

『PureSoul~君が僕を忘れても~』

映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で有名ですね。

 

映画『八日目の蝉』では、井上真央さんや

小池栄子さんなどと共演をし、

映画内で自らの本物の髪の毛を切るなど

大胆な名演技を魅せてくれました。

 

小説家、角田光代さんが執筆をした『八日目の蝉』はサスペンスであり

キャッチコピーの「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした」は

世間を驚かせました。

 

八日目の蝉 通常版 [DVD]

中古価格
¥745から
(2013/10/30 17:36時点)

 

あらすじは、主人公(井上真央)が母親だと思っていたのは

父の愛人野々宮希和子(永作博美) であった、という所謂、

どろどろとした修羅場を迎えるような物語です。

 

この物語を真に迫る演技でしてくれた井上真央さんと永作博美さん

実に壮快であり痛快な感覚を味わいました。

 

原作の内容としては野々宮が主人公で不倫女の心理を描いています。

不倫と知っていても付き合って、その相手の子を盗んでしまうといった

衝動に駆られる場面を演じることは、かなりの技術を強いられると思いますが、

それでも見事やってのけた永作さんは見事でした。

 


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ