携帯用アフィリエイト

スポンサードリンク


失恋ショコラティエがドラマ化!ネタバレ&最終回を紹介!


失恋ショコラティエ ドラマ化

 

2013年10月28日に発売された月刊flowers12月号で

失恋ショコラティエが、連続テレビドラマ化されるということが

発表されました。

内容と最終回をネタバレしちゃいます。

 

 

失恋ショコラティエの内容は??

 

 

これは、チョコ好きな女性に恋心を抱く主人公が、

彼女を振り向かせるためにショコラティエになるという話です。

 

残念ながら、主人公がショコラティエになったときには

すでにその女性は結婚していました。

それでも主人公は彼女のことを諦められず……という話です。

 

失恋ショコラティエ ネタバレ

 

 

この作品は2010年に下野紘さん主演のドラマCDにもなりました。

人気作品ですね。

今回のドラマ化もどのようになるのかが楽しみです。

 

現在公表されているのは、ドラマ化されるということだけです。

放送時期やキャストなどはまだ発表されていません。

今後出てくる情報が楽しみですね。

 

漫画が原作の作品といえば、アニメ化されることが多いですね。

でもこの作品は現実味のある作品ですので、

アニメよりもドラマっぽいという意見があります。

 

確かにこれは少しドロドロの要素があるので、

そうかもしれませんね。

 

この話を「待ってました」と期待する人、逆に「見ないほうがいい」と、

ドラマ化に否定的な意見もあります。

 

ただ、楽しみにしている人も反対している人も、

配役がどのようになるのかが気になるようです。

ぴったりな人がぴったりな役をしてくれるといいですね。

 

 


スポンサードリンク


 

 

 

失恋ショコラティエのネタバレ!

 

 

本を読んでる方は失恋ショコラティエの話が進んでいくにつれて、

これからの展開がもって気になってしまいますよね。

 

まだ読んでいない人にも簡単なあらすじを話してから、

今の状況をネタばれしますので、見たくない方は

スルーしてくださいね♪

 

失恋ショコラティエ 最終回

 

あらすじとしては、チョコが大好きな少女がいました。

 

 

名前をサエコといいます。

そしてサエコに恋心を抱いている爽太は、

彼女を振り向かせるためにショコラティエになりました。

 

でもサエコは爽太のそんな気持ちに気づかずに、

別の男性と結婚してしまいます。

 

それでも諦めきれない爽太、結婚生活に不満を抱き始めたサエコ。

二人はどうなる?という話です。

 

7月の月間フラワーズに、31話が掲載されました。

サエコは家を出て行ってしまいます。

 

取り残された夫の吉岡は、焦りしかありませんでした。

そこで吉岡がとった行動は、サエコの友達の爽太に会いにいく、でした。

 

爽太はサエコの夫が突然やってきたことに驚きました。

もしかして自分たちの関係がばれたのでは?と。

でも吉岡はそんなことに気づいていません。

そうと分かった爽太は安心します。

 

吉岡はサエコが出て行ってしまったことを話した後、

意味深な言葉を残してその場を体去ります。

 

爽太が何かあったのかと心配していると、サエコが帰ってきました。

爽太は、自分がサエコのことを何もわかっていないということに悩みますが、

自分の気持ちを再確認します。

 

「好きだよ。俺はあなたが好きだ」

とても今後が楽しみになるような終わらせ方ですね。

 

 

失恋ショコラティエの最終回って?

 

 

最終回

 

 

この物語が連続ドラマとして放送されることが決定しました。

ただ、この話はまだここまでしか公表されていません。

キャストや放送日時はまだわかっていません。

この漫画はまだまだ連載が続きます。

これからいくらでも展開が広げられそうなところです。

 

ですので、これがドラマ化されたときも、

最終回をどのように持っていかれるのかというのが

ファンとしては楽しみでも不安でもあります。
原作がまだ最終話までできていない場合に行うドラマ化というのは、

最終回がどのようになるのかということがかなり重要になってきます。

いい作品に仕上がるといいですね。

 

今回の実写ドラマ化、楽しみという声と、やめてくれ等言う声、どちらもあります。

実写ドラマ化の宿命ですね。

作品のイメージがドラマ化によって壊されてしまうことも多いので、

これはしかたのないことなのかもしれませんね。

 

本を読んでない方は、まとめて読んでみて下さい。

失恋ショコラティエ コミック 1-7巻セット (フラワーコミックスアルファ)

中古価格
¥2,149から
(2013/10/29 20:01時点)


スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ